人類共通のこと

訪日外国人が3000万人、4000万人ともなると、日本の社会もほぼ強制的に変化が求められる。今、グローバリゼーション時代の終わりに。

 

つい数年前、インバウンドの外国人が増えてきたと思ったら、今はもう、ある程度の多さは普通になっていて、日本にいる外国人の様子も、数年前とは変わっている。「日本のこと、ある程度知ってますよ」という外国人が多い。何度も訪れてくれる人、自分の国に帰っても日本に親しみを持ってくれる人が多くなるのは、日本人としてもうれしい。

 

このあたりの事情も反映しているのか、すこし前までは、私の中では、「日本の文化を伝える」視点が大半を占めていたのだけれど、最近ふと感じるのは、異文化に関わらず「人類共通の感じ方」だけで通じる事柄が目に入ってきて仕方がない。日本の文化を敢えて語るより、通じ合えている気がしているのだけれど。そのコードに触れると、ラッキー☆と思ってしまう。