おせち料理のいわれ

この時期になると、おせち料理のことがちらほら頭に浮かぶため、

ついつい「いわれ」について思い出す。

 

黒豆は「マメに」働くように、

昆布は「喜ぶ」、などなど。

 

祖父母から、やはり年末年始に柿を食べながら、

福を「かき集める」などと言われたりした。

 

どう考えても、日本人はダジャレが好きだ。

 

日本語は、漢字の読みを使って、さらには、俳句のように短くまとめる文化を活かしながら、言葉遊びをするのが身近にあったようだ。

 

さらには、日々の暮らしにある食材を使って、手間のかかるご馳走を用意したのだから、

身の周りの環境を愛しむという暮らし方をしてきたのだと、思う。

 

だから、言葉遊びというよりは、ダジャレの方が愛嬌があってしっくりくる。