仕事を引き受ける

「この仕事をしてほしい」とオファーされた。

 

けれども、その仕事は、

10年超のスパンで取り掛かるべきプロジェクトで、

おいそれと引き受けられるものではない。

 

仕事に対して責任があるだけでなく、

今後10年の自分の人生(=時間)の使い方に思いを馳せる必要があった。

 

その仕事には興味がある。

 

けれど、

それは、自分の人生の大きな一部を費やす覚悟があるのかと問われると、

二の足を踏んだ。

 

その気持ちで、まずできないなと思った。

 

仕事って、

社会人になったころは、

目の前のことに向き合うことだったのに。

 

だんだんと、

自分はどんな環境を選び、

どんな立場で関わり、

何をすべきか、

考えるようになってくる。

 

仕事をこなすことが、

リアルタイムに人生の時間であって、

今できること、

今しかできないことを

何に注ぐのか、考えるようになってくる。

 

そんな思いになりながら、

時間がギシっとシフトしている感覚を味わっていた。