月明かりが眩しくて

今夜は、とてつもなく月明かりがまぶしい。

 

今夜に限って、そんなに眩しい気象学的な理由は考えられない。

 

てことは、私の感じ方、よね?

 

あまりに明るくて、夜なのに、まるでライトアップしてるかのような近所。

いえ、家の近所は別に明るくなんてないのに。

 

夏の、猛暑の間の、ほんの少し涼やかな夜に、

月明かりに照らされた家の近所を歩いたら、

本当にそこは、どこかの舞台に立っているようで、

家の前のまっすぐの道を歩いていったら、

どこか別の出口にたどり着くんじゃないかしら、という感覚になった。

 

そんなステージを提供してくれた月の明かりと、

そんな夜にこっそり外を歩いたことに感謝しつつ、

そんな特別な夜時間をまたいつか過ごせたらと思います。