これからの人々の暮らし

元号「令和」に込められた思いが、日本の文化を育むことだとするならば、

日本人は、もっと自然に囲まれた生活環境を顧みて、暮らしを味わう生き方に取り組んでいくべきなんだと思う。

それは、これからの時代に見直される豊かさでもあるけれども、そもそも日本人の在り様でもあったのだから。日本人が忘れていた生活への向き合い方を思い出すことで、新たな”成長”が見いだされるのだと思う。