くすんだ薔薇色

近所に、くすんだ薄いオレンジ色のバラが咲いている。

 

もちろん、真紅のバラや、あざやかなローズ色のバラを見るとハッとするし、

目にする機会が少ない黄色や紫のバラを見かけると目を奪われる。

 

けれども、くすんだオレンジ色のバラは、

和でもあって、洋でもあって、

絵画に描かれているバラが、絵画から切り取られて、そこにあるかのようだった。

 

見た人の、大きな想像をかきたてる「くすみ色」に

無限のドラマを感じてしまう。