読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今一番したいこと

フィギュアの浅田真央ちゃんが引退を表明した。

アスリートは、30歳前後で選手人生に幕を下ろす決断を自ら行う。

世間から注目を浴びて成績を残したり活躍しているのはその間わずか数年だとおもう。

そこにある意味人生のピークをもっていく生き方は、私にはできないからただただ凄い。

 

2017年の世界フィギュア選手権で1位と2位になった羽生選手と、宇野選手が、試合後のインタビューで同じことを言っていた。

「今一番したいことは、スケート」

 

人生のど真ん中にスケートを置いている「今の時期」は、一年で大きく変わっていくからこそ、大切に大切に生きているのだろうと感じた。

 

そう、優勝しても引退しても同じくらい大きな話題なのだ。そこには本当に「選手生命」という人生の区切りを感じずにはいられない。

 

私の場合、アスリートのように期間限定で駆け抜ける生き方は向いていないから、

代わりに人生を通して積み重ねていく生き方をしたいと思っている。

 

羽田圭介芥川賞を受賞した後に語っていたことば。

「小説を人生の真ん中に置いて生きていく」

 

私も自分にとって特別なことを人生の真ん中に置いて生きていきたいとそのとき強く願ったなと再び思ったからこそ、これからもたまに自分に問いかけてみたい。

 

「今一番したいことは何?」