読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檜皮葺き

今日、檜皮葺きのふき替え作業を初めて見た。 檜皮葺きといえば、日本独自の屋根を葺く工法の一つで、多くの伝統建築に用いられている。檜の皮を一定の薄さと大きさに揃えて、重ねていく職人技。 これまで、本や写真でしか見たことがなく、いや、むしろその…

今一番したいこと

フィギュアの浅田真央ちゃんが引退を表明した。 アスリートは、30歳前後で選手人生に幕を下ろす決断を自ら行う。 世間から注目を浴びて成績を残したり活躍しているのはその間わずか数年だとおもう。 そこにある意味人生のピークをもっていく生き方は、私には…

サクラ

私は、あえて”お花見”より、 日常の中でひっそりと、でも堂々と咲いているサクラを見るのが好きだ。 もちろん見事に咲き誇っているサクラも圧巻だけれども、 季節が来ると静かに咲いているサクラの木に気づいたとき、 木の生命力に感動する。 私が社会人にな…

ヨロシク

「お世話になっております」「よろしくお願いします」 社会人になってビジネスメールを送る際は、 冒頭と末尾にこの一節を入れるのは常識になっている。 しかし、英語的に考えると、 この表現には意味がないか、 もしくは具体的な別の表現に書き換えられるフ…

木曽川

長野県南、岐阜県との境に位置する山地一帯を木曽路と呼ぶ。 「木曽路はすべて山の中である」 小説『夜明け前』の書き出しで有名な島崎藤村の生まれ故郷で、 江戸時代の中山道宿場町が連なっている。 今でも野生猿が車道に出てくるし、 熊も出没する。 木曽…

お茶のお稽古をする理由

「どうしてお茶やってるの?」とたびたび聞かれる。 その理由は人それぞれだと思う。 私の答えは「すごく役に立つから」。 最初は、日ごろの仕事とは違う空間に行くことが楽しくて、通っていた。 だんだん、着物を着たり、いつもとは違う会話や話題をするこ…

世界遺産

日本人は、世界で最も世界遺産への認知度が高い国民ともいえるらしい。 私は、学生のときのリサーチテーマで、世界遺産を選び、関係者にインタビューした際に聞きました。 私が学生のときも、世界遺産の数は増え続けていました。 世界遺産登録を目指し、維持…

「おもてなし」

2020年の東京五輪誘致のときから「おもてなし」という言葉をあちらこちらで耳にします。 「日本流のおもてなし」という使い方をしていることが多いですが、 みなさん「おもてなし」という言葉の意味を知ってますか。 私は、日本文化史研究者の熊倉功夫先生の…

今という時

「今という時間は、これからをどう生きるかで、その意味が変わってくる」という話をききました。 今していることの意味は、今判断することではなくて、 今後どう活かしていくかで如何様にもなる、ということのようです。 私は社会人になりたてのころ、かの有…

フレンドシップについて考えてみる

昔から、「友だち」って何なんだろう?と考えてきた。 このなんともあやふやな言葉はどう捉えるべきかと。 年齢とともに自分の中で概念が変わってくる。 子どものころから10代までは、その「友だち」全体が、いかに自分と関わるかというものだった。行動範囲…

ビターズ

私は、もともとアルコールが弱くて、 社会人になってからカフェイン摂取もあまりしていない。 そんな私が、日本にあったらいいのにな~と思うのが、 ビターズ(Bitters)という炭酸。 これは、オーストラリアでは定番のドリンクで、 サイダーのような味にラ…

何を飲む?

この間、カフェイン酔いをするとブログで書いた私。 学生のときは、1日7杯くらいコーヒーを飲んでいました。 「それ飲みすぎ」と言われても飲んでいた私。 社会人になって10年くらいたったとき、 あるとき、私は「夜眠るのが下手」な自分に気がつく。 完全に…

数珠

京都にある老舗数珠店の社長さんのお話を聞く機会があった。 私は、数珠をじっくりと眺めたことがなかった。 宗派によって種類が異なるということは知っていたけれども・・・。 玉の産地、加工の仕方、数珠の構造などなど、知ることで初めて注目ポイントが分…

酔う

私は、アルコールに弱くて、お酒を飲んでほんのり気分がいいという経験をしたことがない。 しらふでいるか、一気に酔って頭痛がするかのどちらか。 そして、お酒に酔うと決まって気持ち悪く、ひどいと、ろれつが回らなくなったりする。 この「酔い」は、アル…

サングラス

サングラスといえば、黒などのダークカラーが定番で、ライトカラーはおしゃれなイメージがあった。 けれど近年、ダークカラーのグラスをつけていると、目の機能は夜の状態が続いていると勘違いするらしく、瞳孔が開いて、紫外線を取り込みやすくもなってしま…

「ティファニーで朝食を」今見て思うこと

これまでちゃんと観る機会がなかった、オードリーの代表作、しっかり観てみました!! オードリーって、顔があんなに整ってるのに、 なんてチャーミングなんでしょう! 別に美人の役でもないのよね。 大声で話して笑ってる場面なんて、すごくリズミカルなの…

映画「マリアンヌ」

第二次大戦中の実話に近いストーリー。 ブラピとマリオン・コティヤールは、お互い敵国の暗殺者。 戦時中の暗殺者やスパイ映画は、これまで何本も観てきましたが、「マリアンヌ」を一言で表現するなら、美男美女が共演する王道映画なのです!!! 二人が顔を…

コイケヤのプライド・ポテト(のりしお)

私の好きな、ポテトチップ味、のりしお。 サワークリームとか、塩味もいいけど、のりしおは、飽きないし、どんな気分にもぴったりくる。 そして、のりしおのポテトチップスといったら、コイケヤ。 私は、コイケヤののりしおが一番好きです。 そして、食べま…

おみくじ

古来、耳で聞こえる情報から明日の吉凶を占っていたというのが、おみくじの始まりらしい。(風の音や、動物の鳴き声などから、明日の天候を予測したりですね) 識字率の上昇にともなって、江戸時代ごろから、今日のような紙に書かれたものを読むようになった…

春に咲くのは、黄色の花

春といえばサクラ!ですが、 春に咲く花で多いのは、黄色い花のようです。 黄色は虫が認識しやすい色みたいで、 虫が飛んできて受粉するような自然界の仕組みがあるみたいです。 それなら、人間界でも、女性は春になったら黄色とかピンクの お花色の洋服を着…

ラ・ラ・ランド 

ミュージカル映画、楽しそう~という感じだけで見ました。 そしたら、ミュージカルというより、ストーリーの脇に音楽&ダンスが入っているという仕上がり。 見ながら涙が出てきました・・・。 期待してなかったのに、すごく心を揺さぶられました。 舞台は南カ…

抹茶のお菓子が緑色すぎる

お菓子の抹茶味は、もはや定番ですけれど、緑色のパッケージが店頭で普通に並んでいるのは、ここ10数年くらいのこと。 一説によると、90年代後半くらいからでしょうか・・・。 抹茶味はどうして定番になるほど人気なんだろう、とふと思ったんですが、おそら…