便利なテクノロジーをどう使うか

社会全体が、テクノロジーの進化にともなって変化していると、 私たちもある程度、生活の中にテクノロジーを取り込む。 テクノロジーの恩恵を、社会のどこかで受けている。 それでも、自分で取捨選択できる範囲で、どれだけ取り込むかという最終決定は、 そ…

人間がロボット化?

アメリカで、レジ無しのお店「Amazon Go」が開店。 センサーによって、品物を認識して、 代金はカード決済されるらしい。 うーん、センサーで見張られていると、 人間に機械が組み込まれてロボットになっているようだわ。。 ほかのあらゆる情報も抜き取られ…

こたつでみかん

冬の定番「こたつでみかん」。 といっても、私自身、子どものころから家にこたつがなかった。 けれども、みかんは食べる。 ここ最近、みかんの生産が減っているようだ。 要因は、こたつの減少傾向にあるらしい。 確かに、ひとり暮らししてたら、こたつは不要…

年齢とともにドキドキすること

そもそも、自分が30歳になるとき、 30になることが一大事のように言われていたような覚えがある。 人生が変わってしまうのではないかとすら思えていた。 けれども、いや、そんなことはない。 そして30代を過ごしていると、 むしろ40歳になることは、大きな転…

お馴染みの春

新春を迎えて、春のような暖かい日があると、 今年も、そろそろ春だな~と思う。 このようにして繰り返される「お馴染みのこと」は、 いつも同じような顔をしてやってくるけれども、 自分の状況次第によって、決して同じではない。 けれども私の場合、このよ…

訪日旅行者が好きなこと

近年、とにかく海外からの旅行者が増えていて、 外国人の目を通して見る日本を、 私たち日本人も見つめ直している。 外国人に人気のあることを、 あえてしてみる。 新鮮で面白い。 外国人にも受けるから、意識的にそういうサービスや商品が増えているからか…

スナック菓子の味が増えている

スナック菓子が食べたくなると、 私は決まってコンビニに行く。 コンビニだと、新発売のものが分かりやすい。 そして、たまにコンビニに行くと、スナック菓子の味は増えている。 すきやき、明太子、アヒージョ・・? スナック菓子に、おかずみたいなフレーバ…

どんど焼き

お正月の縁起物をお焚き上げして、 お正月気分に一区切りをつける行事がどんど焼き。 とはいえ、私自身、小さいころに何回かしか見たことがない。 学生になって、社会人になると、どんど焼きを見に行く時間はなくなる。 ところが、今年、見ることができた。 …

自分が変わる

「自分が変れば」とはよく聞く。 すると、相手や環境が変わる、とか なりたい自分になる、と言う。 それで、意識して、変わったつもりになっても、 昔の友人に会ったりすると、結構簡単に以前の自分に戻ったりするものだ。 そんなとき、変わった気になってた…

優しさ

「優しい人」とはなんだろう。 数年前に読んだ本に、 花は花であることが優しさだと書いてあった。 つまり、そのものであればよいのであって、 それが「優しい」か否かは、他者が感じることだと。 私は「優しい」という言葉を聞くと、感触がソフトだ、という…

文化の何が好きなのか

大体、人は「文化」的なことが好き。 文化とは、人間の暮らしが生み出したもので、 「文化」というカテゴリーが存在する。 「文化」カテゴリーの中で、何か好きなのか?と、よくよく見てみると、 結構、難しい。 マンガが好き、 歌が好き、 と明確だったら分…

オリエント急行殺人事件

2017年版映画「オリエント急行殺人事件」を見た。 久しぶりに豪華な映画だわ。 映画の演出も豪華だけど、オリエント急行そのものが豪奢な旅。 エルサレムから欧州を北上していく旅が始まるかと思うとワクワクしてしまう。 そして、俳優陣の人間味あふれる演…

キングスマン:ゴールデン・サークル

「キングスマン」1作目を知らなかった私は、 たまたま宣伝広告を見て、2作目を見た。 見始めてから、こういう映画なのか~と知って、 残りの2時間ちょっと、映画のスクリーンと格闘するしかなかった。 いきなりアクション、 ロボットアーム、 カーチェイス・…

過去の自分とも比べない

私はよく、3年前や5年間の自分を思い出して、 今の自分と比較してきた。 けれども、 今の自分は当時の自分とは、 違う。 自分の中で比べながら、 どれだけ成長できたかな、 どれだけ変化してきたかなと思いめぐらすと、 利点もあるかもしれないけれど、 後…

栄枯盛衰

現在、世界ではアジアが成長を続けている。 けれども、かつて繁栄を誇っていて、 ”衰退”してしまった国にだって大きな関心は向けられている。 世界にいくつかあった古代文明、 帝国や王政、政権など。 私たちは、それらが残した遺産や芸術に今もなお大きな魅…

元旦休業

年末年始を休業とする 外食店やデパートが出てきている。 休業でいいじゃない? 休業理由は、人手不足らしいが、 私は、なぜお正月まで営業しているのだろうと思っていた。 便利というよりは、忙しない。 一昔前は、お正月期間は営業していないのが普通だっ…

やっぱり定期的に「旅」に出よう

トンネルを抜けると、 突然、窓の外に海が広がっていたりする。 もしくは、雪景色だったり。 あれ、突然着いちゃった。 一つのトンネルを抜けて、しばらくすると、またトンネルで、 まだ同じ繰り返しだと思っている間に とうとう目的地に近づく。 トンネルを…

タイムカプセル

一目ぼれならぬ、 一香ぼれ、で、私には好きな香りがある。 大体そういう基準で香水などを購入していて、 当時の年齢で好きだった香りが、ボトルには詰まっている。 だから、その香りが漂うと、その数年分の記憶ががたちまちに湧き上がる。 だから、もう今の…

無趣味

30歳くらいになったとき、 「私って無趣味だな」と思ったため、 「大人の趣味」をしようと取り組んできた。 そして久々に「趣味は?」と聞かれる状況があったとき、 「・・・??」 何も答えられない私。 趣味としてしたものが、 いつの間にか趣味でなくなっ…

一大仕事

今朝、スノーボードを持っている、タイ人の学生グループを見かけた。 これから雪山に行くらしい。 そっか、タイ人も日本でスキーやスノーボードするんだね。 私自身、ウインタースポーツが苦手なので、、 冬にアウトドアに出かける人たちを見ると、熱心だな…

おせち料理のいわれ

この時期になると、おせち料理のことがちらほら頭に浮かぶため、 ついつい「いわれ」について思い出す。 黒豆は「マメに」働くように、 昆布は「喜ぶ」、などなど。 祖父母から、やはり年末年始に柿を食べながら、 福を「かき集める」などと言われたりした。…

アーユルヴェーダ

私は、スパイシーなものに苦手意識があるから、 積極的にインドやタイ料理を食べる機会は少ない。 だから、インドといえばカレー?だったんだけど、 私の好きなラム肉のメニューがあったし、 誘われて、ビリヤニというインドの炊き込みご飯を食べた。 「スパ…

999

2017年を振り返ってみれば、 今年は、いくつかの「究極なものごと」に出会った年だったとおもう。 「999」Dior「究極の赤」も、しかり。 混じり気ない純粋な赤色。 10代のころからDiorの化粧品を使ってきたけど、 この色との巡り合わせがあった2017年は、う…

一期一会

一期一会といえば、二度と同じ出会いはないことをいう。 自分の外側で出会う人や環境のことでもあるけれど、 そもそもフィルターとなっている自分自身も同様。 今日の自分とだって一期一会なのだから。

「あのころの私」に出会う

かつてよく行っていた場所、 今もよく行く場所に通うと 「あのころの自分」がいた当時の景色を思い出し、 どこかであのころの自分に出会ってしまうのではないかという気になる。 こちらが「あのころの私」を見かけ、 視線が合ってしまう気すら、私はたまにす…

オーディション番組

私は、音楽番組が好きで、 自分ではまったく歌わないから、好きというと意外に思われるけど、 もっぱら聞く側になっている。 今は、「音楽チャンプ」が気になるテレビ番組。 歌唱に関して何の知識もないけれど、 応募者のパフォーマンスと、審査員のコメント…

timeless

「timeless」 これは「永遠」という意味。 ほんの一瞬の、点のような時間が、すなわち永遠であるという真理を 端的に表している言葉で、 私はこの単語にひたすら感心してしまう。

化粧品の機能性

私はこれまで、スキンケアはいろいろ試してきた。 最新の成分を含んだクリームを使いつつ、 美白とアンチエイジング対策を 10数年は行ってきた。 私は乾燥肌で、 面倒でも、「化粧水」プラスアルファというアイテムがやっぱり基本なので、 いかにミニマム…

何歳になっても

私は、毎日ニュースを見るたび、 政治家って、いくつになってもエネルギッシュだな~と思ってしまう。 「何歳になっても」情熱を傾けるものがあるっていうのは、すごいバイタリティで、 ある意味、何歳になっても、 ある意味、生きている限り、ギラギラして…

予防接種

私は、予防接種に弱いため、 インフルエンザくらいなら、注射をしない。 注射すると具合が悪くなるタイプだから。 毎年この季節になると、 「インフルエンザの注射した?」という会話が 普通に交わされる。 「ううん。私、合わないからしないの」と答える。 …