myスタイル

好きな夜時間

以前、編集の仕事をしていたとき、 終電まで会社にいたり、 明け方まで会社にいて、 仕事しかしてないな~という思いに陥った。 夜が深まると、 しーん、としてきて、 スローテンポになってくる。 夜の7時なんて夕方の延長で、 9時になっても普通。 10時過ぎ…

モバイルな生き方

私の夢は「モバイルな生き方」をすること。 移動可能な生き方。 もともと、 縛られるのが合っていないというのもあるんだけど。 私の場合、 結婚して、子育てしながら、 会社に勤めて働き続けるのは到底無理なタイプ。 時間をやりくりして正社員で仕事をして…

自由人と言われる

私は、 「自由人だね」 と普通に言われる。 当人はそんな意識ないのだから、 意味が分からない。 浮遊してるみたいで、個人的には良いイメージがないうえ、 親にまで 「自由」だと言われると、 自由で悪いみたいに思えてくる。 思いのままに生きていることは…

カラーペンでスケジューリング

子どものころから文房具好き。 使いきれないほどあったから、 一時期買っていなかったけど、 やはりペンや紙は好きなので、 今でも買っている。 カラーペンは、いろんな色があるけれど、 結局どのように使っていいのか分からずに、 中学生くらいのときは、 …

自分の”バイブル”は自分で作る

レシピでも、ネタ帳でも、何かのレパートリーでも、 自分の”バイブル”に、 蓄積して、 開くと何かが出てくるような ”宝のノート”としてまとめること自体を、 真似してみたくなる。 そのノートは、 他の人には判読できないという特徴がある。 ノートに限らず…

ずっと使い続けている愛用品

好きなものというのは、 最初から変わらない。 たとえば、化粧品はディオールを10代のころから使っている。 なぜ使い始めたか、明確な理由はないけれど、 しっくりくるから。 30代になって、ディオールの表現する女性像が好きな自分を知った。 それから、イ…

自分の言葉を書く

子どものころ、書道を習っていて、 社会人になってから、また始めた時期があった。 社会人になってからは、動機が違って。 アナログなことをしたかったから。 書家の先生に「字」を習った。 その先生からは多くのことを教わったが、 あるとき、 「書きたい言…

ノートと手帳

私は、ずっと手帳を使わない派だった。 だけど、ここ最近は手帳を使っている。 一番シンプルなもの。 手帳には、最低限のことしか書かない。 その代わり、ノートを何冊か持っている。 それぞれのノートにテーマがあって、 それぞれ別のことを書いている。 こ…

ミニマムなツール

社会人生活をふりかえって、 私にとって必須なのは、わずか PC、スマホ、ノート&ペン。 場所は変わっても、つまるところ、持ち物はこのくらいしかない。 だから、私の部屋は、PCを置けるテーブルのスペースと、 ほかに、着物を置いておけるスペースがあ…

長く続けるということ

私は、人から 「何事も長く続ける人」と思われることが多い。 だけど、そんなわけなくて、 続いているものは、続いてこなかったその他多くの事柄の中のわずか”いくつか”にすぎない。 そのいくつかだって、途中で何度も止めたくなったりしてきたけど、 結果と…

SATCの名言

アメリカのドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」を見て、 多少なりとも影響を受けた。 私は、何かのたびに、人の「名言」を知ることが好き。 SATCのセリフで、私の心の支えとなっている言葉がある。 オリジナルの英語も、日本語訳もちゃんと覚えてい…

年齢とは?

私は30代半ばを、自分の「人生の踊り場」と設定して、 ここ3年くらい過ごしてきている。 そうしたら、これまでやってきたことが、 実は好きなことだったと気がついた。 これからやりたいことも、今までの自分があったからこそだと気がついて、 今まで出会っ…