読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おもてなし」

2020年の東京五輪誘致のときから「おもてなし」という言葉をあちらこちらで耳にします。

 

「日本流のおもてなし」という使い方をしていることが多いですが、

みなさん「おもてなし」という言葉の意味を知ってますか。

 

私は、日本文化史研究者の熊倉功夫先生の本を読んで知ったのですが「相手のことを思って為し、相手はその思いに答えるように為す」という自分と相手の2段階構造になっているようです。つまり、一方通行ではだめ。相手の自分への思いをいかにくみ取って謝意を表わすかということのようです。

 

「おもてなし」は、平安時代書物にも登場する歴史の古い言葉で、日本独特のコミュニケーションのあり方みたいです。

 

私は、お茶のお稽古で、「おもてなし」の在り方を実感しました。

 

「おもてなし」は英語では「ホスピタリティー」になってしまいます。ホスピタリティーは、サービス業全般で使われる、一方通行を含むサービスの心づかい。

 

外国人の観光客に日本の「おもてなし」を、とよく言いますが、

必ずしも「おもてなし」でなくてもよいのではないかと思います。

 

日本で良い時間を過ごしてもらえるようなちょっとしたコミュニケーションこそが、結構、心に残っていたりするものですよね。