読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨロシク

「お世話になっております」「よろしくお願いします」

 

社会人になってビジネスメールを送る際は、

冒頭と末尾にこの一節を入れるのは常識になっている。

 

しかし、英語的に考えると、

この表現には意味がないか、

もしくは具体的な別の表現に書き換えられるフレーズである。

 

日本人は、その秘めた多様性を、

一つの表現に凝縮して済まそうとしている。

 

とはいえ、書かないと不備があるようで、

ほぼ自動的に使っている言葉でもある。

 

だがあるとき気づいた。

万事よろしく、意図を汲み取ってよろしく、

など、用件の周囲をあまねく指す便利な使い方以外に、

かなり本気でよろしく頼むという押しが強い場合もあることを。

 

いや、実は、強い意味合いで使っている場合が多いと感じる。

 

それに気づいてからは、

なんとなく使いにくくなってしまった。

 

でも、一応使っておこうか、というところに落ち着いて、

以前と同様にメールの末尾に私は用いている。