クリエイター

ここ最近、「クリエイター」という言葉が気になっている。

 

一般に、「クリエイター」というと、コンテンツを作る職業を連想する。

 

けれど、私たちの日々の暮らしの中に、クリエイティブにできることはいろいろあって、

自分なりのやり方や、その対象のあり方を「これはクリエイティブだ」、と意識できるなら、

誰しも何かのクリエイターになれるのでは?

 

自分をクリエイター(クリエイティブ)であると認識することに違和感を感じなければね。

 

もし響きが心地よくないなら、もちろん意識する必要はないと思うけど。