東京vs地方

私は、社会人になってから10数年東京で仕事をしてきて、

前の会社を辞めてから

実家のある地方での暮らしをしている。

 

私が東京にいた間に、

世の中では

「地方」というキーワードが浮上してきて、

たしかに、どこかに行っても、実家に帰ったときも

私が子どものころに抱いていたイメージとはまた違っている。

 

実家で生活しながら、お茶のお稽古などで定期的に東京に行っている。

1年くらい、この生活をくりかえすうちに、

東京についての見方も変わってくる。

 

東京にいるときは、社会人としての自分がよみがえってくるんだけど、

その自分は、

「どこにも行けない固定された自分」。

パターン化された生活をしていた自分だった。

 

実は、そこから脱却したくて、もっと違う生き方を模索したくて地方暮らしをすることにしたんだけれど、

今も東京から実家に帰ると、その可能性を感じたりする。

 

どの場所がどうっていうことの答えは見つかっていないんだけど・・・

 

私は、学生のときから、

”モバイルな・移動可能な自分”でいたいと思っていて

住む場所を超越して、その点にこだわりたい。