着物も洋服も

私は、少しだけ着物屋さんでアルバイトしていたことがある。

コーディネーターという接客の仕事。

 

私は、主にお茶のときに着物を着るのが用途だけど、

着物屋さんにいると、

子どもの着物、男性の着物、礼装などなど、

どんな用途もありえる。

 

着物屋さんは、日本人に対する”啓もう活動”だと私は思っていて、

着物に詳しくない現代の日本人に”着物とは”について教えてくれる。

 

自分でも着物屋さんに行くから言えるのは、

もっと気楽に着物屋さんに行くべきだということ。

 

お店の方は、何でも教えてくれるから、

わからないことは臆せずに聞いた方がよい。

 

買わなくても騙されることはない、はずだ。

 

着物について考えると、

日本の着物でさえ、

ちゃんとした知識を持っていないけど、

毎日着ている洋服についても、

ちゃんとした知識を持っていないな、とおもう。

 

歴史をさかのぼって洋服とは?について考える機会も少ない。

 

着物は、TPOに合わせないと変だけど、

実は洋服だって、きちんと考えないと変なんじゃないか?と

気になったことがある。

 

現代、私たちが着ているのは、

本当に簡略化された”ファッション”だなとおもう。

 

その一つ一つの、形やデザインの経緯についてまで

知っているわけではない。

 

だから、ファッションはファッションとしてありえるとしても、

やはり現代は”手軽”だなとおもう。

 

着物は完全オーダーメイド。

しかも、かつては献上品であって、

「受け継がれる」もの。

 

大昔は、世界のどこでも、

衣服を布地から手作りしていた。

 

だから、一度これを味わったら、

「着ること」についての意識が変わる。

 

今の時代、

自分の「着物を作る」ことは、

一生で数少ないかもしれないけど。

 

自分だけの一枚があったら、

一生、大切に着たいと思うとおもう。

 

私も、そう。

帯や小物を変えて、

もっと大人になったら、こういう着こなしが似合う女性になっていたいなとおもう。

 

そういうものがあるって、

ぜいたくだ、とおもう。

 

 

 

 

広告を非表示にする