感情を受け入れる

少なくとも私の中で、

「虚しさ」という感情は、

どうしていいのか分からない。

 

たとえば「孤独」だったら、

どんなに孤独を味わっても、

自分の中で、どうにかやり過ごすことができる。

 

でも、虚しさはダメだわ~。

 

仕事に虚しさを感じ、

人生に虚しさを感じ、

これなら虚しくないと思っていたことにすら、

たまに虚しさを感じてくる。

 

人生の儚さと虚しさは、

イコールだったりする。

 

だから、虚しいという感情は、そこにあるものとして、

受け入れることにした。

 

でも虚しさにフォーカスすると、

虚しい気分が増大するだけなので、

できるだけそっとしておく。

 

そう、あらゆる感情を、

そこにあるものとして受け入れる。

 

人間の感情はなくならないのだから。