きれいな肌

20才くらいまで、私は日焼け止めとかスキンケアを全くといっていいほどしてこなかった。

 

だから、もっとしておけばおかったな~と思う一方で、

してこなかったわりには、肌の自然治癒力のおかげ、、、と思うことが多い。

 

20代に入って、急にスキンケアに目覚めた。

20代後半は、「肌の曲がり角」といわれるものが怖く、

予防のためにスキンケアをしていた。

30才くらいになってはアンチエイジング

いつまで、スキンケアとの格闘が続くのかと、

追いかけられる思いで疲れたころ・・・

 

30代中ごろには、もっとシンプルなスキンケアがしたいと思いだした。

 

一通りのスキンケアをしてきたからか、

30代後半に入って、化粧品にあまり興味がなくなった。

 

むしろ、私がなりたい肌がある。

それは、私がああなりたいと憧れるお茶の先生方のきれいな肌。

 

あの肌はどうしたらなれるのかを考えてきた。

 

化粧品の問題ではない。

 

自分をいたわるというのは必須だと思うけど。

生き方や習慣の現れだと思っている。

 

 

広告を非表示にする