希望の持てる社会を

人は、希望がないと生きていけない。

 

私は、人が夢を語るときの

きらきらした顔が好き。

 

だから、

希望の持てる国、

希望の持てる社会、

希望の持てる職場、

希望の持てる組織、

であるべき。

 

「希望を持てる」のは、

子どもも、

女性も、

退職者も、

人生に迷ってしまった人も、

人生に休暇がほしい人も、

仕事に復帰する人も。

 

これから、

「生きていく」ことに

前向きになれる環境が必要。

 

希望を持って生きる人が増えたら、

世の中は、もっと変わると思う。