好きな時代

将来ますます、情報に支配される時代になりそうだ。

 

フランスの経済学者 ジャック・アタリが書いた

「21世紀の歴史」を10年近く前に読んだ。

 

どうも、世の中は現実にその方向に沿っている。

 

人の健康をコンピュータで管理し、

人は生きている限り働き続ける社会になるようだ。

 

そのような時代の到来を目の当たりにすると、

1950年代~70年代の、映画に出てくるような

クラシカルな時代にあこがれる。

 

人間的で、文化的な暮らし。

 

スローテンポでアナログな日常。

 

当時としては、

それでも最先端だったんだろうけれど。

 

今の時代、

クラシカルというと、

50年代~70年代のイメージだろう。

 

時代が進めば進むほど、

過去の時点の暮らしに合わせるのが困難になってくる。

 

今だって、すでに昭和の暮らしをするのは

特別感があるくらいなのだから。