無趣味

30歳くらいになったとき、

「私って無趣味だな」と思ったため、

「大人の趣味」をしようと取り組んできた。

 

そして久々に「趣味は?」と聞かれる状況があったとき、

「・・・??」

何も答えられない私。

 

趣味としてしたものが、

いつの間にか趣味でなくなっていたことに気がつく。

 

もう「私の人生そのもの」となっていた。

 

趣味が高じて、などということではない。

いつのまにか、乗っ取られていたというか(笑)。

 

結局、「無趣味な自分」なんだけど、

私には、「趣味」のカテゴリーが無い、というのも

潔くていいのかもしれない。

 

ちょっと寂しさあり、

嬉しさあり、というところだろうか。