お馴染みの春/Familiar Spring

新春を迎えて、春のような暖かい日があると、

今年も、そろそろ春だな~と思う。

 

このようにして繰り返される「お馴染みのこと」は、

いつも同じような顔をしてやってくるけれども、

自分の状況次第によって、決して同じではない。

 

けれども私の場合、このように繰り返される事柄に、落ち着く。

繰り返しながら変化していくことに安定感を感じる。 

 

そもそもお茶のお稽古も、

同じ点前のお稽古であっても、

積み重ねと時間の経過によって、

毎回感じることが違く、

それが良いところなのだから。

 

After greeting new year, we have several warm days, then noticing spring is coming. 

Such rutines come to us as usual but they never the same ones depending on our situation.

In my case, I'm reliefed to have such repeat.

I find stability in a change as they repeat.

In practing the way of tea, even in the same procedure,

we notice somethig different every time depending on the amount of practing and time passage. 

It's one of the essence of the way of tea.